ホーム > トピックス > 女性のお悩み豆知識 更年期

女性のお悩み豆知識 更年期

2018/10/22 [ブログ, 健康コラム, 国立院ブログ]

こんにちは国立院桑迫です

本日は「女性のお悩み豆知識 更年期」をお伝えします。

更年期は閉経前後5年間だいたい45歳から55歳くらいの時期になります。

どうして起こるかといいますと(更年期ラボ参考)

この時期になると卵巣機能は低下してきます(閉経)、女性ホルモンのエストロゲンは

脳の視床下部からの指令で卵巣から出ているのですが、機能が低下しているので

脳がいくら「ホルモンを出せ」と指令を出しても若い時と同じようにエストロゲンを分泌する事が出来ません。

脳はあれ?どうして?どうして出ないの???とパニックを起こします

更年期

指令を出している視床下部は卵巣に命令を出しているだけではありません。

他にもさまざまなホルモンの分泌をコントロールするとともに、

体温調節や呼吸、消化機能の調節、精神活動などを司る自律神経のコントロールセンターでもあります。

そこがパニックを起こした状態でホルモンや指令を出す為

異常な発汗、イライラ、めまいなどの症状があらわれるのです

・・・・・・・・・・・

更年期症状には症状の重い人軽い人がいます。

その差は疲労、血行、ストレス、性格などあります。

他にも元々気圧や天候の影響を受けやすい人や、仕事など頑張ってきた人は強い症状が出やすいです。
気圧や天候の影響を受けやすい人は変化に敏感なのでホルモンバランスが変わるという変化にも反応しやすく、

お仕事など頑張ってきた人は、元々人間の体は頑張る時、ホルモンが多く出る事で頑張れていたのです。

頑張ってきた人はしっかりホルモンが出せる人でした。ですから、そのホルモンがバランス崩したらその影響はとても大きいです。

「あんなに元気でバリバリ働いていた人が!!?」となるのはこういった事が原因の一つです。

 

更年期症状が収まるには脳とホルモンが新たなバランスを作っていく必要があります。

その為には、脳や内臓の負担を減らしていくことが大事です。

皆様はちゃんと深い呼吸が出来てますか?お腹は触って柔らかいですか?温かいですか?

首や肩カチカチではないですか?手足は冷えていませんか?

「普通に呼吸できてるし」「肩こりなんて普通だし」って思っていませんか?

それは本当に普通でしょうか?「みんなそうだし」「〇〇さんはもっとすごいし」「昔っからこうだし」

「このくらいならまだ大丈夫」「歳だし、仕方ない」と思っていませんか?

普通だと思っている事が、その積み重ねが症状を重く長引かせています。

ちゃんとケアしていきましょう。

病院でホルモンなどお薬を利用するのもいいですし、

当院では、脳の負担軽減には「眼精疲労コース」お腹の負担軽減には「腸セラピー」がお勧めですよ。

 

 

 

 

 

メニュー
オーシャンズクルー整骨院グループ
フィット整骨院国立院
フィット整骨院
国立院
東京都国立市富士見台1-10-1
042-505-8422
フィット整骨院聖蹟桜ヶ丘院
フィット整骨院
聖蹟桜ヶ丘院
東京都多摩市関戸1-1-5
スクエアビル4F
042-311-4970
フィット整骨院こどもの国院
フィット整骨院
こどもの国院
神奈川県横浜市青葉区奈良1-2-1 3F
045-962-7703
フィット整骨院国領院
フィット整骨院
国領院
東京都調布市国領町
7-1-1
042-498-6623
フィット整骨院ぶばい院
フィット整骨院
ぶばい院
東京都府中市片町
2-18-2
042-364-8822
はち整骨院
はち整骨院
東京都北区志茂
2-40-7
03-3598-0035
あしの整骨院
あしの整骨院
東京都板橋区常盤台3-20-8
03-5392-2633
FITコンディショニング
FITコンディショニング
【コンディショニング】東京都多摩市関戸2-39-9
【ジム・個室治療】東京都多摩市関戸1-12-4糀屋ビル4F
042-401-8100
■フィットの語源

写真

フィットという名前には、「フィットネス」・「フィットする」という2つの思いが込められています。

「フィットネス」とは運動や健康という意味があり、私たちは人の身体の持っている可能性を引き出し、健康になっていただくことで、その人の人生をより良いものにしていきたいと考えています。

「フィットする」というのは、ぴったりとよく合うというような意味があり、その人に本当に必要な治療を提供したいという私たちの気持ちを表しています。

このページのトップへ