ホーム > トピックス > みせ脚キャンペーン受けてみた!2回目

みせ脚キャンペーン受けてみた!2回目

2020/05/15 [ぶばい院ブログ, フィットプラス, 国立院ブログ]

みなさん、こんにちは。 奥原です。

今日はみなさん待望の「みせ脚キャンペーン受けてみた!」2回目になります。

 

1回目のブログは見て頂けましたでしょうか?

まだの方はぜひ、そちらからご覧ください。

 

 

さて、「みせ脚キャンペーン受けてみた!」2回目の今回も全身の治療を行い、姿勢を整え、脚にかかる負担を減らします。2回続けて行う事でさらに良い姿勢を保つ事が出来るようになっているんですね(^^)

 

前回の1回目の治療だけでも、見た目だけじゃなく、感覚としてもだいぶ脚が軽くなったので、2回目にさらに期待をする奥原です。

 

まずは2回目の治療前の写真から見て頂きます。

こちらです。せっかくなので初回の治療後のお写真と比較してみましょう。

 

ふたつを比較してみると分かるように、1回目太もものお肉が膝に乗って、シワが出来ていたのが、だいぶ改善され、2回目は治療前でも膝にシワがありません。

IMG_8281 (1)左右差もあまり気にならないですね(^^)

 

2回目は夕方頃に治療を受けたという事もあり、脚が全体的にむくんでいますね。特に右足首の少し上のあたりにむくみが強く出ています。

今回は後ろからふくらはぎを中心に写した写真も撮ってみたので、そちらもチェックしてみましょう。

FullSizeRender (8)

 

では、治療を受けた後の奥原の脚はどう変化したのでしょう?

治療後の写真はこちらです!

写真左側がIMG_82432回目の治療前の写真です。右側が治療後の写真になります。

むくみがかなり軽減されました!

みなさん、これ驚きの事実なのですが、全身調整なのでもちろんリフレクソロジーなどのオイルを使ってむくみを取ったのではありません。脚に重点を置いた全身治療だけでもこれだけむくみが取れるのです。

奥原も自分でビックリしました。そして何より脚が軽い・・・嬉しい。

 

 

横からの写真では膝まわりがスッキリしているのが一目瞭然ですね。

IMG_8244

後ろから見た写真では、治療前に気になっていた右足首の上のあたりに強く出ていたむくみがかなり軽減され、アキレス腱のラインが治療前よりも綺麗に見えます。

IMG_8248

 

わたしの脚って本当はこんなにスッキリするんですね♪
この1回目・2回目で行った全身治療は、これから3・4回目で脚を重点的に治療していく為の土台作りとなります。この土台があるからこそ3・4回目の治療が活きてくるんですね。

 

次回の「みせ脚キャンペーン受けてみた!」がより一層待ち遠しくなった奥原なのでした。

 

※コロナウイルスの影響によりキャンペーンの期間を延長しております。お申込みは随時受け付けておりますので、5月中の外出を自粛される予定の方もご連絡下さい。

 

※このキャンペーンは通常22,000円が→11,000円という破格のお値段で提供させて頂いているため、人数に限りがございます。お早めに申し込む事をおすすめいたします。

 

 

メニュー
オーシャンズクルー整骨院グループ
フィット整骨院国立院
フィット整骨院
国立院
東京都国立市富士見台1-10-1
042-505-8422
フィット整骨院聖蹟桜ヶ丘院
フィット整骨院
聖蹟桜ヶ丘院
東京都多摩市関戸1-1-5
スクエアビル4F
042-311-4970
フィット整骨院こどもの国院
フィット整骨院
こどもの国院
神奈川県横浜市青葉区奈良1-2-1 3F
045-962-7703
フィット整骨院国領院
フィット整骨院
国領院
東京都調布市国領町
7-1-1
042-498-6623
フィット整骨院ぶばい院
フィット整骨院
ぶばい院
東京都府中市片町
2-18-2
042-364-8822
はち整骨院
はち整骨院
東京都北区志茂
2-40-7
03-3598-0035
あしの整骨院
あしの整骨院
東京都板橋区常盤台3-20-8
03-5392-2633
FITコンディショニング
Fitコンディショニング整骨院
東京都多摩市関戸2-39-9
042-401-8100
FITコンディショニングジム
Fitコンディショニングジム・個室治療
東京都多摩市関戸1-12-4糀屋ビル4F
042-401-8100
■フィットの語源

写真

フィットという名前には、「フィットネス」・「フィットする」という2つの思いが込められています。

「フィットネス」とは運動や健康という意味があり、私たちは人の身体の持っている可能性を引き出し、健康になっていただくことで、その人の人生をより良いものにしていきたいと考えています。

「フィットする」というのは、ぴったりとよく合うというような意味があり、その人に本当に必要な治療を提供したいという私たちの気持ちを表しています。

このページのトップへ