ホーム > トピックス > 国立院ブログ

国立院ブログ一覧

  • ぎっくり腰とねちがえ

    ぎっくり腰とねちがえ

    2022/05/14

    こんにちはフィット整骨院の中屋です。 とつぜんですが、ぎっくり腰やねちがえを経験したことがあるという方は多いですよね。 重い物を持ち上げよう・・・

  • ママトラブル 抱っこ紐の後は背中・首肩カッチカチ

    ママトラブル 抱っこ紐の後は背中・首肩カッチカチ

    2022/05/11

    こんにちはフィット整骨院 桑迫です。 ママになって、抱っこ紐での外出が増えました。 抱っこ紐は使わないより使った方が断然楽ですが 首・肩・・・・

  • ママトラブル 肩こり かーらーのーーーーー 番外編

    ママトラブル 肩こり かーらーのーーーーー 番外編

    2022/05/09

    こんにちはフィット整骨院国立院 桑迫です。 肩こり→お胸がたれる からの番外編いきたいと思います! 肩こりの環境は肩甲骨回りの筋肉が硬くなる・・・

  • ママトラブル 肩こり かーらーのーーーーー

    ママトラブル 肩こり かーらーのーーーーー

    2022/05/02

    こんにちは フィット整骨院国立院 桑迫です。 今日は前回からの続き 肩こりを放置すると たれてしまうお胸について書いていきますね。 授乳・・・

  • ママトラブル 肩こり+α

    ママトラブル 肩こり+α

    2022/04/25

    こんにちはフィット整骨院 国立院 桑迫です 今日は肩こりについて書きたいと思います。 世の中肩こりではない人の方が少ないのではないかと思いま・・・

  • ママトラブル乳腺炎

    ママトラブル乳腺炎

    2022/04/16

    こんにちはフィット整骨院桑迫です。 産後のママトラブル「乳腺炎」 乳腺炎になるのは産後6週間以内が多いといわれていますが 母乳をあげている・・・

  • ママトラブル 手のしびれ

    ママトラブル 手のしびれ

    2022/03/29

    こんにちはフィット整骨院桑迫です 本日は産後始まった私の手のしびれの事を書きたいと思います。   私の手がしびれた最大の要因は授乳姿勢・・・

  • ママトラブル 腱鞘炎

    ママトラブル 腱鞘炎

    2022/03/11

    こんにちはフィット整骨院桑迫です。 産後のママの身体に起こる色々なトラブルについて書きたいと思います。 本日は腱鞘炎です。 お母さんの手首・・・

  • 産後のママはボロボロ

    産後のママはボロボロ

    2022/02/15

    こんにちはフィット整骨院国立院 桑迫です   産後のママの身体はズタボロです。 経腟分娩ならお股(会陰切開)を 帝王切開なら下腹部を・・・

  • 産後のケア!

    産後のケア!

    2022/02/01

    こんにちはフィット整骨院桑迫です! 前回スクワットやお腹を使った呼吸、ドローインをお勧めしましたが 私はもっと!しっかり鍛えたいと思われてい・・・

メニュー
オーシャンズクルー整骨院グループ
フィット整骨院国立院
フィット整骨院
国立院
東京都国立市富士見台1-10-1
042-505-8422
フィット整骨院聖蹟桜ヶ丘院
フィット整骨院
聖蹟桜ヶ丘院
東京都多摩市関戸1-1-5
スクエアビル2F
042-311-4970
フィット整骨院こどもの国院
フィット整骨院
こどもの国院
神奈川県横浜市青葉区奈良1-2-1 3F
045-962-7703
フィット整骨院国領院
フィット整骨院
国領院
東京都調布市国領町
7-1-1
042-498-6623
フィット整骨院ぶばい院
フィット整骨院
ぶばい院
東京都府中市片町
2-18-2
042-364-8822
はち整骨院
はち整骨院
東京都北区志茂
2-40-7
03-3598-0035
あしの整骨院
あしの整骨院
東京都板橋区常盤台3-20-8
03-5392-2633
FITコンディショニングジム
Fitコンディショニングジム・個室治療
東京都多摩市関戸1-1-5スクエアビル2F
042-311-4970
FITコンディショニングジム
フィットプラス
[実施店舗]
ぶばい院
国領院
■フィットの語源

写真

フィットという名前には、「フィットネス」・「フィットする」という2つの思いが込められています。

「フィットネス」とは運動や健康という意味があり、私たちは人の身体の持っている可能性を引き出し、健康になっていただくことで、その人の人生をより良いものにしていきたいと考えています。

「フィットする」というのは、ぴったりとよく合うというような意味があり、その人に本当に必要な治療を提供したいという私たちの気持ちを表しています。

このページのトップへ