ホーム > トピックス > 冬はギックリ腰多発注意報が発令されます。

冬はギックリ腰多発注意報が発令されます。

2022/12/26 [Topics, ブログ, 聖蹟桜ヶ丘院ブログ, 腰痛]

皆さんこんにちは!
せいせき院 中村です。

今年もあと数日で終わりますね。
せいせき院では、冬がきたな~、年の瀬だな~と思う瞬間があります。
それは「ギックリ腰」の患者さんの数が増える事です。

sick_gikkurigoshi_woman2

年末忙しく過ごして、お休みになったタイミング。
なんとかのりきって年始ゆっくり過ごしたあとの1月頭。
仕事再開!がんばろう!と頑張った週末。
などなど、事情はそれぞれあると思いますが、本当にギックリ腰増えます。

ギックリ腰は「急性腰痛(きゅうせいようつう)」と言われ
字のごとく急に起こる腰痛の事を指します。

原因はたくさんありますが、せいせき院では
・重たいものをたくさん持ちあげた
・いつもとは違う姿勢を長時間とっていた(大掃除などで多いですね)
・仕事納めのために、いつもより長い時間座っていた、立っていた
・帰省のために車や新幹線、飛行機にのって移動した

こういった方が多いです!

では、なんで起こってしまうの…???

☆筋肉の疲労
ギックリ腰は急にやってきますが、慢性的に疲労が蓄積していると、自分の回復力が追いつかなくなり、許容量を超えた時にギックリ腰になってしまいます。
睡眠不足、栄養不足などが回復力を下げてしまう原因となります。

☆骨格のゆがみ
身体がゆがんだ状態で日常生活をおくっていると、関節の位置関係も悪くなり、筋肉もいつも以上に頑張らなくてはいけません。
長時間座っていたり、立っていたり、無理な姿勢で動いていると骨格はゆがんできます。

☆急激にかかる大きな負荷
上記にもあるように、普段持たないような重たい荷物を持ち上げたり、くしゃみや咳が原因でギックリ腰になる方もいらっしゃいます。
スポーツや後ろから呼ばれたりで急に振り返ったり、身体の方向転換するときギクッとくる場合もあります。

関節部分に負担が掛かりすぎる場合と、筋肉に負担が掛かりすぎて起こる場合あり
これを予防していれば大丈夫!と言うよりも
良い状態をキープし続けることが大切になります。
そして!なにより!身体の疲労が溜まっていなくて、回復力が高い状態でいること!
これに限りますね。

皆さんの治療を担当している先生は、皆さんのお身体の状態を良く知っていると思うので
気を付けるべきポイント聞いてみて下さい。
次回はもしギックリ腰になってしまったら、どんな感じに回復していくか(通院ペース)をお伝えします!

————————————————————————-

【ご予約方法について】

当院の予約方法はネット、LINE、電話にて受け付けております。

〇LINEからはコチラ↓ ☆おすすめです☆
友だち追加
※クリックして頂くとQRコードが出てきますので友達登録をしていただき、
トークにお名前をフルネームと初めての方は「初めて」、通った事ある方は「診察券番号」をお書きの上お送りください。

〇ネットからのご予約は<こちら> ※日時、コースから選ぶことが出来ます。

 

メニュー
オーシャンズクルー整骨院グループ
フィット整骨院国立院
フィット整骨院
国立院
東京都国立市富士見台1-10-1
042-505-8422
フィット整骨院聖蹟桜ヶ丘院
フィット整骨院
聖蹟桜ヶ丘院
東京都多摩市関戸1-1-5
ザ・スクエア2F
042-311-4970
フィット整骨院こどもの国院
フィット整骨院
こどもの国院
神奈川県横浜市青葉区奈良1-2-1 3F
045-962-7703
フィット整骨院国領院
フィット整骨院
国領院
東京都調布市国領町
7-1-1
042-498-6623
フィット整骨院ぶばい院
フィット整骨院
ぶばい院
東京都府中市片町
2-18-2
042-364-8822
はち整骨院
はち整骨院
東京都北区志茂
2-40-7
03-3598-0035
あしの整骨院
あしの整骨院
東京都板橋区常盤台3-20-8
03-5392-2633
FITコンディショニングジム
Fitコンディショニングジム・個室治療
東京都多摩市関戸1-12-4糀屋ビル4F
042-311-4970
FITコンディショニングジム
フィットプラス
[実施店舗]
ぶばい院
国領院
■フィットの語源

写真

フィットという名前には、「フィットネス」・「フィットする」という2つの思いが込められています。

「フィットネス」とは運動や健康という意味があり、私たちは人の身体の持っている可能性を引き出し、健康になっていただくことで、その人の人生をより良いものにしていきたいと考えています。

「フィットする」というのは、ぴったりとよく合うというような意味があり、その人に本当に必要な治療を提供したいという私たちの気持ちを表しています。

このページのトップへ