ホーム > トピックス > 国立院ブログ

国立院ブログ一覧

  • 女性のお悩み豆知識 更年期

    女性のお悩み豆知識 更年期

    2018/10/22

    こんにちは国立院桑迫です 本日は「女性のお悩み豆知識 更年期」をお伝えします。 更年期は閉経前後5年間だいたい45歳から55歳くらいの時期に・・・

  • チャリティーイベントご参加ありがとうございました!

    チャリティーイベントご参加ありがとうございました!

    2018/10/16

    こんにちは!国立院たかぎです! 先月の30日に行った広島豪雨災害チャリティーマッサージの募金を日本赤十字社広島県支部を通じて被災地へ届けました!・・・

  • 呼吸で腰痛対策!

    呼吸で腰痛対策!

    2018/10/11

    こんにちは!国立院の伊東です! 今回は腰痛で悩まれている70代女性の方を紹介させていただきます。 歩くと腰からお尻の痛み 安静時には痛みはありま・・・

  • ゴルフに行ってきました

    ゴルフに行ってきました

    2018/10/09

    こんにちは!国立院 桑迫です。 先日の連休でゴルフに行ってきました♪ 打ちっぱなしやパターゴルフは3~5回行ったことはありますが 初ラウン・・・

  • しびれの改善報告

    しびれの改善報告

    2018/10/04

    こんにちは、国立院の瀬尾です。 今回の症状ブログは、30代男性で右手にしびれがあった方を紹介します。 再診で来院された際、右手のしびれを訴えて・・・

  • 保泉の美容ブログ 顔の歪み・しわ編

    保泉の美容ブログ 顔の歪み・しわ編

    2018/10/01

    こんばんは。美容担当の保泉です。 最近は、寒かったり暑かったりと気温の変化が大きいのでなかなか疲れがとれない、朝スッキリ起きられないという方は・・・

  • かけっこ教室の雨天中止のお知らせ

    かけっこ教室の雨天中止のお知らせ

    2018/09/29

    こんにちは。 国立院の瀬尾です。 明日9時に開催予定でした、かけっこ教室ですが 台風接近による天候不順のため中止となります。 尚、チャリ・・・

  • お祝い

    お祝い

    2018/09/26

    こんにちは!国立院の瀬尾です!   先日、連休を使って実家のある水戸に帰省しました。 毎月、患者様に送らせているオーシャン通信のツイッ・・・

  • 気象病(頭痛)の患者さん

    気象病(頭痛)の患者さん

    2018/09/25

    こんにちは!国立院の伊東です! 今日は気象病に長い間悩まれていた患者さんについてのお話です。 40代女性 保育士 運動は週2回ほどテニスをする・・・

  • 女性のお悩み豆知識 不妊症 セルフケア2

    女性のお悩み豆知識 不妊症 セルフケア2

    2018/09/25

    こんにちは!国立院桑迫です 今回も自宅でできるケア方法をお伝えします。 前回のセルフケアで呼吸が浅くて酸素が足りない話をし「腹式呼吸」をお勧・・・

1 2 3 4 5 6 34
メニュー
オーシャンズクルー整骨院グループ
フィット整骨院国立院
フィット整骨院
国立院
東京都国立市富士見台1-10-1
042-505-8422
フィット整骨院聖蹟桜ヶ丘院
フィット整骨院
聖蹟桜ヶ丘院
東京都多摩市関戸1-1-5
スクエアビル4F
042-311-4970
フィット整骨院こどもの国院
フィット整骨院
こどもの国院
神奈川県横浜市青葉区奈良1-2-1 3F
045-962-7703
フィット整骨院国領院
フィット整骨院
国領院
東京都調布市国領町
7-1-1
042-498-6623
フィット整骨院ぶばい院
フィット整骨院
ぶばい院
東京都府中市片町
2-18-2
042-364-8822
はち整骨院
はち整骨院
東京都北区志茂
2-40-7
03-3598-0035
あしの整骨院
あしの整骨院
東京都板橋区常盤台3-20-8
03-5392-2633
FITコンディショニング
FITコンディショニング
【コンディショニング】東京都多摩市関戸2-39-9
【ジム・個室治療】東京都多摩市関戸1-12-4糀屋ビル4F
042-401-8100
■フィットの語源

写真

フィットという名前には、「フィットネス」・「フィットする」という2つの思いが込められています。

「フィットネス」とは運動や健康という意味があり、私たちは人の身体の持っている可能性を引き出し、健康になっていただくことで、その人の人生をより良いものにしていきたいと考えています。

「フィットする」というのは、ぴったりとよく合うというような意味があり、その人に本当に必要な治療を提供したいという私たちの気持ちを表しています。

このページのトップへ